お問い合わせ・ご注文はこちらから! タップして電話をかける 夜10時まで遠慮なく♪

新・楽Q便のご利用方法 炭火起こし

今年は猛暑ですね・・・猛暑だと「屋外でのBBQは熱中症や食中毒が心配だからやめておこうか・・・」という方も多いです(涙

ですがこの夏休み初日も多くの団体様のご予約をいただいています♪

さて、バーベキューをしたいと考えている方で、「炭の火起こしができるか」心配されている方は多いようです。

楽Q便の基本コース(スタンダードやプレミアムコース)には、セッティング・火起こし・片づけ・ごみの処理が含まれていません。
こちらはすべて「楽Q便ヘルパーもしくはヘルパーライト」という有料オプションになります。

リーズナブルに楽しもうとすると、セッティング等はお客様皆さんでやっていただくことになります。

そして火起こしはとても簡単です♪
楽Q便では従来火起こし用に牛乳パックを利用していました。
これも本当はとても簡単なのですが、ちょっと難しいという方が意外と多いために、この夏から「着火剤」を付けるようになりました。

楽Q便コースを頼まれると、
・炭火コンロ(コンロ、脚、中敷き)
・炭3kg
・網
・火バサミ1本
・着火剤
・牛乳パック
・軍手

がお肉セットと肉用の備品(トング等)などとともについてきます。
なにもご用意する必要はありません。ドリンク類程度です。

さてこの着火剤と牛乳パックを使った火起こしを説明しますね。


まず炭火コンロに脚を付けます。
コンロを立て、中敷きを敷きます。
中敷きの上に、付属の牛乳パックをちぎって載せます。


牛乳パックの上に、付属の着火剤を適当に割ってのせます。

着火剤の上に炭を小高く積んでいきます。3kg のうち1kg程度を使用します。


牛乳パックにライターもしくはチャッカマンで点火してください。
牛乳パックが燃え、着火剤にが火がつき、自然と炭火に火が起きます。

ある程度炭火がおきたら、炭を追加してください。
網をのせれば、火起こし完了です。

この間なるべくうちわなどであおがないようにしてくださいね。

あおぐのは牛乳パックと着火剤が燃え尽きて、炭火のみになってからです。
その前だと、火を消しちゃうだけなんですね。

牛乳パックと着火剤があれば簡単に火起こしができます。

ご利用が終わりましたら、完全に火を消し、コンロを片づけて、ドライバーと打ち合わせた場所に置いておいてくださいね。
楽Q便火起こしの仕方ダウンロード

コメント

コメントする





九州食肉学問所